読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

creative mode

映像とwebが好きです

バーチャル世界のキャラクターをリアルの世界で実現させる「でるキャラ」

プロジェクションマッピング

前回の記事ではキャラクターのプロジェクションマッピングの制作について書きました。

今回はキャラクターを空中紹介する「でるキャラ」ではキャラクターを空中に表示して、そこに存在するかのように感じさせてくれます
この「でるキャラ」は裸眼複合実現インタフェース(MR)と呼ばれるシステムで東京大学苗村研究室によって制作されました。
システムは空中像ディスプレイとKinect、プロジェクタによって構成されています。

空中像ディスプレイは実像光学系とアクチュエータを組み合わせて空間内に映像を表示できるようになっています。
Kinectブロックや手の形状や位置を計測し、空中像に反映させているようです。
さらに、これだけでは空中像の位置が分かりにくいため、プロジェクターで影を投影しています。

ここまで高い実在感は凄いですね〜
感触を再現するシステムと組み合わせると面白そう。