読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

creative mode

映像とwebが好きです

初めてのプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング 制作 Arena 4 AfterEffects

f:id:kjktk:20130817001017j:plain

8月9日、10日に金沢でプロジェクションマッピングをさせていただきました。 初めてだったのでいろいろと失敗したなと思う点を記録しておきます。

環境

  • Resolume Arena
  • 単焦点のプロジェクター

ArenaはVJ用のソフトで、UIになれるのが大変でした。これで位置合わせが可能。短い映像を格子に合わせて表示、ループさせてました。
単焦点のプロジェクターは範囲が広いかわりに光が小さいのが難点。あと、映像が若干上の方に表示されます。

失敗点

  • 下見に一回しか行かなかったこと。当たり前ですが、どこに投影するかは事前に決めておくべきです。写真があると映像が作りやすい。
  • 準備不足。投影できるのは暗くなってからなのでどのように映っているかは夜にならないと確認できないため、事前に投影できるほうが良いと思います。特にこの季節は夜でも明るいため、イベントが始まっても見えないかもしれません。
  • 周囲が明るい。あまり高価のプロジェクターを使用しているわけではないため周りの明るさに負けてしまいました。
  • 場所が限定されている。駐車場から投影したのですが、正面の場所は許可が取れなくて斜めから投影しました。映像を斜めに合わせることは可能ですが、やはり正面から投影したいですね。

これだけはやっておく

  • 位置決め。
  • 投影する場所の写真を撮っておく。
  • 動画を作っておく。